インプラントの施術を行って食事を美味しく食べる

体調を整える

マフラーをつけた女性

歯槽膿漏などで歯茎が下がってきて、固い食べ物がしっかり噛めない、という人は多いのではないでしょうか。
歯槽膿漏は歯の根元にある骨を溶かし、症状が進行してしまうと、やがて歯は抜け落ちてしまいます。
対策としては、入れ歯にするかインプラントにするという選択視があります。
抜けてしまった歯が部分的である場合、部分入れ歯で対応するのもよいですが、ある程度の量の歯が失われている場合は、インプラントがおすすめです。
入れ歯は洗浄しなければいけないし、ものがしっかり噛めない、というデメリットがありますが、インプラントの場合、自分の歯のように生活でき、手間もかかりません。
治療が終わった後は歯科に定期的にメンテナンスに通う必要がありますが、快適に食生活を楽しめます。

インプラントは失った歯の変わりに人口の歯根を顎に埋め込み、その上に人口の歯を作る治療法です。
外科手術のような方法になり、保険適応ではなく、全額自己負担になり、費用がかかりますが、自分の歯のように生活したいという人から支持されている治療法です。
普通の歯科医院でこの治療法は行われてますので、手術も歯科の医師が担当することになります。
インプラントは費用がかかるだけでなく、外科手術になりますので、失敗のない治療のために歯科医師と歯科医院を正しく見極める必要があります。
医院にインプラントの技術をどこで習得したのかを掲示していますので、この修了証書を確認するのもひとつの目安になります。
カウンセリングがていねい、十分な事前説明がある、トラブルの対応がしっかりしているなども重要な要素です。